キャッシュレス決済のメリット・デメリットを踏まえた上での賢い使い方3選

キャッシュレス決済のメリット・デメリットを踏まえた上での賢い使い方3選

最近よく耳にするようになった“キャッシュレス決済”という言葉。

キャッシュレス決済とは、現金を必要としない決済方法のことです。

いままでなじみのなかった言葉かもしれませんが、実は多くの方がすでに使ったことがある決済方法なんです。

例えば交通系電子マネーのSuicaやPASMOなども、キャッシュレス決済のひとつになります。

しかし実際のところ、

「たしかに気にはなっていたけど、正直なにが良いのかわからない…」

「メリットばかりでなく、デメリットも知った上で判断したい」

という声も少なくありません。

「まずは情報を集めてから判断したい」という方向けに、キャッシュレス決済のメリット・デメリットをくわしく解説していきます。

キャッシュレス決済のメリット

キャッシュレス決済のメリット

それでは、キャッシュレス決済のメリットを利用者(消費者)側の目線から下記の順に3つご紹介していきます。

  1. スムーズなお会計
  2. 現金による取引で発生する手数料もなくなる
  3. ポイントが貯まる、使える

スムーズなお会計

お会計金額を用意する、おつりをもらうといった作業が不要になります。

例えばカード決済ならカード1枚、スマホ決済ならスマホ1台で決済が完了します。

このようにキャッシュレス決済ならば、簡単にお会計を済ませられます。

現金による取引で発生する手数料もなくなる

コンビニATMでの取引や、銀行の時間外取引で発生する手数料もなくなります。

「急にお金が必要になったのに現金が手元にない、仕方ないからコンビニのATMで下ろすか。」

こんな予期せぬ場面で発生する無駄な手数料に悩まされることも、キャッシュレス決済ならばありません。

ポイントが貯まる、使える

現金よりもおトクな支払いが可能です。

たとえば、月10万円分の支払いをキャッシュレス決済で行った場合を想定します。

その場合、月10万円に対して1%ポイントが付くだけで月に1,000円、年間で1万円分のポイント還元を受けることが可能です。

このように、支払いに対してポイントが貯まる、使えるというのもメリットです。

キャッシュレス決済のデメリット

キャッシュレス決済のデメリット

それでは、キャッシュレス決済のデメリットを利用者(消費者)側の目線から下記の順に3つご紹介していきます。

  1. お金を使っている感覚が薄まる
  2. 加盟店のみでしか使えない
  3. スマホ決済の場合は、充電がないと使えない

お金を使っている感覚が薄まる

紙幣や硬貨での取引ではないため、“お金”を使っている感覚が薄くなるというデメリットがあります。

なので、お金の使いすぎや浪費に注意しなければなりません。

加盟店のみでしか使えない

2020年の東京オリンピックに向けてキャッシュレス決済加盟店も、増えてはいます。

しかし、まだまだ使えないお店があるのが現状。

キャッシュレス決済のみで過ごそうとすると、使えるお店を選ばなければならないといったデメリットがあります。

スマホ決済の場合は、充電がないと使えない

現金の場合はお金を持っていれば決済ができます。

しかし、スマホ決済の場合は充電が切れてしまっては決済ができません。

そのため、充電が切れないようにする工夫が必要になります。

リスクを踏まえた上での賢い使い方3選

リスクに対しての向き合い方

デメリットまで理解していただいた上で、これから普及していくキャッシュレス決済の賢い使い方を下記の順にご紹介していきます!

  1. アプリ等で利用履歴を確認する
  2. 現金とキャッシュレス決済の両方を使う
  3. スマホ用充電器を携帯する

アプリ等で利用履歴を確認する

現金ではじぶんがいくら使ったか履歴を残すことはできません。

メモ帳に書くなどすればできますが、なかなか大変ですよね。

キャッシュレス決済は、アプリやウェブサイトからでも使用履歴が確認できる点がかなり便利です。

買い物をする前には、今月はあといくらまでなら使えるか確認してからにしましょう。

現金とキャッシュレス決済の両方を使う

キャッシュレス決済加盟店舗が増えてきたとはいえ、まだまだ普及していないのが現状。

そうなると、いざ現金のみでしか払えないという場合に備えて現金を用意しておくという使い方が賢いです。

キャッシュレス決済可能な場合は、積極的に使っていきましょう。

スマホ用充電器を携帯する

先ほどご紹介したように、スマホ決済は充電無しではできません。

しかしよく考えてみるとキャッシュレス決済以外でも、スマホの充電が切れては困るシーンは数多くあると思います。

なので万が一のために、スマホ用充電器を携帯することをオススメします。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はキャッシュレス決済のメリット・デメリットを踏まえた上で、その賢い使い方までご紹介してきました。

はじめは少し戸惑うかもしれませんが、まずは現金決済をベースにつつ、少しずつキャッシュレス決済をはじめてみてはいかがでしょうか。

下記は、どんなキャッシュレスサービスがおすすめなの?という方向けの記事になってます。よろしければこちらもあわせてご覧ください。

はじめてのキャッシュレス決済におすすめのサービスを3つご紹介!決済の方法から選ぶ基準までわかりやすく解説。