個人経営のお店や地方の交通機関でキャッシュレス化が進まない理由

個人経営のお店や地方の交通機関でキャッシュレス化が進まない理由

従来のクレジットカードや電子マネーと共にスマートフォンを使用した決済手段が加わり、スマートフォンを有しているだけで決済が完了させられるため急速に普及しています。

その為サービス自体の絶対数も増加傾向にあります。

国が積極的にキャッシュレス社会の実現に向けて指揮を執っているという事もあり、今後はますますキャッシュレス化が進んでいくのは想像に難くないです。

今日においてもスマートフォンの決済はもとより、クレジットカードや電子マネーにも対応していない現金化払いのみのお店も少なくありません。

個人経営のお店がキャッシュレス化を利用しない理由とは?

現金化払いを続けている事例には共通項が存在し、それは交通機関での導入率も含め全国的に見て地方に多く見られる事や個人経営のお店に多く見られるといった事であり、個人経営のお店に関しては東京などの都市部でも多いです。

チェーン店においては早い段階からキャッシュレス化が行われているのに対し、個人経営のお店が現金払いを続けている事例が多いのは、キャッシュレス化を行う上で導入する機器が高額である様子が関係しています。

チェーン店であれば本部の規模が大きいという事もあり、環境構築に際する投資が負担にはならないものの、個人経営のお店では大きな負担になります。

現金化払いのように迅速に得られず時間差が生じたり、手数料の負担が新たに発生するため導入率が低い所以です。

都市部を離れた交通機関ではクレジットカードや電子マネーが使えない可能性も

また、都市部では交通機関を利用する際には電車や地下鉄はもちろん、バスに至るまで一切現金を使用せずに利用でき、現金を使用して利用する方の方が割合が少ないほどですが、地方では電車やバスの乗車時に現金化払いを選択する方が大勢居ます。

さらに、電車などは都市部の主要駅から近隣駅までは電子マネーで乗車可能であるものの、主要駅から離れると電子マネーが利用できず必要に迫られて現金化払いを選択するしかない事例も多いです。

完全キャッシュレス化にするには地方にも浸透させていく必要がある

都市部では既にキャッシュレス化が進んでいますが、地方の交通機関や都市部も含めた個人経営のお店においても現金化払い以外の方法が利用できる機会が増えると、尚一層キャッシュレス社会が多くの人々にとって身近なものになるはずです。