給食費や授業料の支払いでクレジットカードが使えない理由とは?

学校関連の支払いでクレジットカードが使えない理由とは?

学校関連で発生する費用や学校内で行う手続きをする際に、クレジットカードを使用することができる?と疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか?

給食費などの支払いをするときは、基本的には現金のみとなっているところも多いということが現状です。

近年はキャッシュレスの動きが活発になっており、それに伴ってクレジットカードや電子マネーなどの需要が高まりつつあります。

日本でキャッシュレスにしようという動きがある一方で、学校をはじめ病院や市役所などの行政サービスではいまだに現金のみが主流です。

学校関連や行政の支払いが現金主流な理由は?

クレジットカードなどを使用する場合、使用された機関も手数料を払うことになります。

加盟店が手数料を商品やサービスに上乗せするということは禁止されているため、費用を負担しなければいけません。

このようなデメリットがありますが、それだけでなくメリットも存在しています。

現金を持ち合わせていないときでもクレジットカードを利用することで所持金のことを考えずに済むため、利用単価が高くなります。

またクレジットカードの普及率が高くなっているため、日本人だけでなく世界各国の人でも利用しやすく利用者を増加させることが可能です。

利便性と安全性から学校関連の支払いもクレジットカードが利用できる日は近いはず

給食費などの場合は、近年でもお金が入っている集金袋を子どもが自ら学校にまで持参しなければならないという地域も存在します。

その他にも部活費や写真代などといった様々な費用も学校にまで持っていくというケースもあるでしょう。

小学生や中学生などの小さな子どもが大金を持ち出すということは危険です。

そのようなこともあって、安全になおかつポイントも貯まるためお得にクレジットカードで支払いたいと考えている人も多くなっています。

学校関連での費用や手続きは基本的に現金のみとなっているところがほとんどですが、最近では一部のところでクレジットカードによる支払いができるところも出てきています。

今後は利便性や安全性の観点から、現金のみの支払いが変化していくことが求められてくるでしょう。