自動販売機や駐車場でクレジットカードや電子マネーなぜ使えない?

自動販売機や駐車場でクレジットカードや電子マネーなぜ使えない?

駐車場や自動販売機では、基本的に現金での支払いしか受け付けていません。

最近になりようやく色々な支払い方法ができるシステムも普及していますが、このキャッシュレス化が進む現代では後進的と言えるでしょう。

駐車場や自動販売機でクレジットカード払いができないのは何故?

そもそも何故現金のみでしか行えないのかというと、これは企業側の消極性が理由になっています。

例えば自動販売機なら、本来は電子マネーなどを使えるようにするのはそう難しいことではありません。

しかしそうなると既存の自動販売機をわざわざ撤去しなければならず、想像以上に労力や時間が掛かるのです。

自動販売機は日本全国に数え切れないほどありますから、いざ注力し始めてみるといかに大変かが判ります。

それがネックになっており、現金のみという現状から脱却できていないわけです。

また駐車場に関しては、そこに設置されている機器を扱うメーカーの影響でキャッシュレス化が停滞しています。

具体的には現金のみ支払い可能な機器にしておいた方が、メンテナンスなどの管理が楽なのです。

よってその気になれば様々な支払いに対応させられるものの、本腰を入れるまでに至っていないと捉えるのが正しいかもしれません。

とはいえ、このような実態も少しずつ変わっていっています。

都内ではクレジットカードや電子マネー対応も増えている

販売機では、電子マネークレジットカード払い応の機器も見られるようになりました。

また現金以外不可の駐車場であれば、予め入口に大きく注意書きをしているところもあります。

よってまだまだ長い目で見れば時間は掛かるでしょうが、何もかも現金のみで不便といった状況ではなくなってきているのです。

一方で既に完全なキャッシュレス生活を送っている人には、もう暫くもどかしい日々が続きそうです。

前述のように今後既存の機器を撤去して刷新しようとすれば、完全な普及には年単位で時間を費やします。

キャッシュレスの方が駐車場などを利用して困らない為に

たまたま入った駐車場が現金のみの支払いしかできなかったなどということは、これからも当然のようにあるはずです。

念のためこうした場所を利用する際には、保険としての現金を持っておくことを強くおすすめします。